【MHW:アイスボーン】 猛り爆ぜるブラキディオスの浅い攻略tips

猛り爆ぜるブラキディオス

3月23日の第2弾無料アップデートで激昂ラージャンとともに追加された「猛り爆ぜるブラキディオス」。皆さん狩ってますか。ええ、私何しろ原種をほとんど狩ってないので情けないことですが人様に講釈を垂れるほど理解しとらんのです…。わからんなりに諸々気付いたことをゆる~くまとめていきたいと思います。

通常種からの変更点

リアクティブアーマー

頭部、両腕、尻尾に付着した緑の粘菌は時間経過とともに赤熱した活性状態になります。活性化した部位は近接または水属性の攻撃を加えることで地面に零れ落ち数秒後爆発します。一度活性粘菌をはがした部位は緑色の不活性状態に戻り、また時間経過とともに活性化します。

活性化粘菌
By GGGamelife Twitter bia PS4share / https://twitter.com/g3ame/status/1242454998400851969

対策

ダウン時などのチャンスタイムに活性部位に群がると零れ落ちた粘菌で一網打尽にされるので、マルチでは位置取りに注意しましょう。スリンガー爆発弾を当てたりクラッチ攻撃でも活性粘菌をはがすことができるので、マルチプレイならこまめに落としといてやるとダウン時のパーティー火力がグッと上がります。人があまり気にしないような細かいところをしっかりやってる人って凄く上手く見えるよね…。

ラストエリア

地面の粘菌の性質が変わり、時間経過による爆破と爆破やられがなくなる代わりにスリップダメージが追加されます。さらにブラキディオスが時間経過で使う”金切り音を含んだ咆哮(大)”がトリガーでエリア全域の粘菌が一斉に大爆発を起こします。

ラストエリア
By GGGamelife Twitter bia PS4share / https://twitter.com/g3ame/status/1242454954503094272

対策

普段の癖でつい粘菌を避けてしまいがちですが、時間経過爆破も足を取られることもないので必要以上に恐れる必要はありません。ただし金切り咆哮の一斉爆破だけは何らかの準備をしておきましょう。

安全策をとるなら耳栓がおすすめです。金切り咆哮を聞いてから武器をしまっても緊急回避は余裕で間に合うので、粘菌がただのスリップダメージエリアに成り下がります。コストは重いですが最終エリアではそれに見合った活躍をしてくれます。自信がある場合はフレーム回避やガードですが、大体そろそろだなと思ったら足元に注意しておくだけでも咆哮回避失敗のリスクを下げることができます。

撤退不可

突入とともにエリアが岩で封鎖され戻り玉も使用不可になります。消耗が大きければ突入前補給に戻るだけでいいので、あんまり意味のないギミック。死ぬときは戻り玉なんか使う間もないからね、しょうがないね。

有効なスキル・戦術

爆破やられ耐性3

つけていない場合ほんのわずかなミスが死に繋がるリスクを負うことになります。移動の制約ややられ解除のロスを考慮すると、安全性だけでなく快適性の観点からも重要。スキルがカツカツの武器であっても装衣と組み合わせるなどして極力ねじ込みたい最優先スキルです。

火耐性3

珠さえあればスキルスロット4一つでつけることができるので、必須スキルの少ない武器種なら十分候補に入ります。属性耐性(大)料理と合わせれば相当タフになります。ただし被ダメが減ったからと調子に乗って雑にやると食らいすぎによる気絶のリスクが高まるので注意(1敗)。いくら火属性はカットできてもコンボの物理大ダメージまでは耐えられません。

耳栓5

スキルコストの重さ、最終エリア以外は微妙という点は悩ましいものの、最終エリアでまず死ななくなるうえ、咆哮回避やガードに不安があっても地形無視して強気に攻められるという安定感は大きい。ガードを張りやすい武器種には必要ないと思われます。

アステラジャーキー or サシミウロコ

最終エリアの熱ダメ無効でも無効にできないダメージ床は、時に必要経費と割り切って踏み抜くしかありません。ゆえに秘薬を使う程ではないが放置するのは危険という体力状況になることがかなり多いので、アステラジャーキーで赤ダメージを回復するか、ちょっと貴重ですができればサシミウロコがおすすめです。ジャーキーは自然回復力も上がるのでダメージ床を出入りする際の体力の収支が多少マシになります。

回復カスタム

最終エリアのダメージ床対策には回復カスタムが有効です。今更そんなこと当たり前だろうと思う方も多いかもしれませんが、回復カスタムを普段使わない人の場合は結構見落としがちなポイントかと思われます。

気付いたことがあったらまた更新していきます