【MHW:アイスボーン】第1回 あの頃の極べヒに会いに行こう 準備編

最近あいつ全然会ってないな…

お上から不要不急の外出は控えろとのお達しで、家でゲームするしかない日々が続いております。というわけで、MHWアイスボーンを起動し、イベクエをぼーっと眺めていると懐かしい名前が…。

極ベヒーモス

そう、かつて一世を風靡した異世界からの来訪者ベヒーモス。異次元の強さを誇る強敵の出現にモンハン界隈は大いに沸いた。本気でぶつかっても倒れない相手にみんなが手探りで情報を集め、ジャンプでメテオかわせるやら賊ヘビィがタンクに向いてるやら、なんだかなつかしいゲーム攻略の匂いが立ち込めていました。あの夏は暑かった…当時の熱気は今でも覚えております。久々に会いたい…あの頃のベヒーモスに。よし、会いに行くか!

再現してみよう

ということで、なるべく当時の環境を再現できる制限を設定してみることに。

  • マスター装備使用不可
  • クラッチクロー、強化打ち、傷つけ使用不可
  • 装衣のスロット、強化済み円筒は使用不可

武器固有の追加モーション(特殊納刀やジャストラッシュ等)は縛るか悩みましたがあったほうが楽しそうなので許可することに。よし!完璧だな!

大体の武器がマスターランク前提の下方修正を食らってる上、転身の無敵でブイブイいわせられなくなったんで筆者の腕前ではもう無理なのでは…?という疑問がわいてきたがそっと胸にしまう。

どうせやるなら最初からキャラ作るか!

勢いでナイスなおじキャラを新調したもののストーリーが思っていた以上に長くて心が折れかける。最初遊んでた時は全く気にならなかったけどこのゲームムービーは一切飛ばせないのね…。せっせとストーリーを進めようやくゼノジーヴァクリアまでこぎつけたものの、極ベヒーモス受注解禁のHR50がとても遠く感じる。倒せる倒せない以前に、果たしてベヒーモスに会えるところまで行けるのだろうか?

次回に続く